医学部受験のプロがお届けする医学部受験情報ブログ

大阪上本町/西宮北口/京都にある医学部受験専門「Medi-UP」の進学アドバイザーが発信する医学部受験ブログ。個別指導×少人数集団授業で毎年医学部合格者を輩出しています!

【面接対策応用編 第3問】『医療に関するニュースで気になったことをお伝えください。1分間でどうぞ。』

f:id:medi-up:20200306151410p:plain

医学部医学科の面接では、面接官は受験生の姿勢や能力の違い、医師としての適性を測るために様々な質問をします。

  • 大切なのは「医師の資質」「適性」を正しく認識し、良い医師を目指して頑張る意欲があること。
  • 受験生が目標のためにどのようなことを努力をしたのか。経験に基づき「適性」を伝えることが重要。

このようなことを聞かれるイメージをもった上で話をする。

質問で押さえるべき点

面接試験(適性検査)において、医療時事問題(質問)は年々増加傾向にあります。

  • 医学部受験生として医療に関してどのようなテーマに着目し、問題意識を持ち、考察しているのかが問われます。
  • 医師を目指す人であれば、医療の問題があることを知り、自分なりに考えたことがあるはず。正確な知識を自身の考えを伝える。

医学部面接のポイント

  • 面接は会話のキャッチボール
    →聞かれていないことに答えたり、必要以上に長くしゃべらない。
  • あなたのことは一切知らない
    →笑顔・礼儀正しさ・聞き取りやすさは印象に残りやすい。
    コミュニケーション能力を試されるので注意が必要。

いかがでしたか?面接対策のポイントはつかめましたでしょうか?


Medi-UPでは、旧帝大医学部や国公立大医学部現役合格を輩出する研伸館と連携し、医学部医学科における面接対策動画を作成いたしました!(今回、研伸館医学部対策のエキスパートに協力いだいております。)

実際の面接のように1問質問して、あなたの回答を1分待つ、という形式となっております。

本番の面接にのぞむ前に、ぜひこの動画を見て質疑応答の練習をしていただければと思います。

youtu.be