医学部受験のプロがお届けする医学部受験情報ブログ

大阪上本町/西宮北口/京都にある医学部受験専門「Medi-UP」の進学アドバイザーが発信する医学部受験ブログ。個別指導×少人数集団授業で毎年医学部合格者を輩出しています!

令和2(2020)年度私立大学医学部 入試成績開示情報(2020.3.10(火)現在)

2020年度私立医学部一般入試1次試験は、本日実施された大阪医科大学一般後期と昭和大学医学部Ⅱ期をもって終了しました。

f:id:pratinum:20200310230314p:plain

国公立大学前期日程ついても本日の東京大学京都大学和歌山県立医科大学の合格発表をもって終了しました。

https://drive.google.com/file/d/1PQdqV3bqHucyvkhbmcih4LY-wDSRgArK/view

Medi-UP高卒コースは3月9日(月)から始動!

すでに正規合格を勝ち取られた方、補欠からの繰り上げ合格の吉報を受け取られた方もおられることでしょう。

その一方で、今なお私立医学部一般後期試験に臨まれている方や国公立医学部後期日程に向けた総仕上げをされておられる方もおられることと思います。

中には2021年度医学部入試突破で目標の志望校に合格するために、すでに受験勉強をリ・スタートされておられる方もおられることと思います。

Medi-UPでは、2021年度医学部合格を確実なものにするため、2020年度「高卒コース」を3月9日(月)から開始しています。得意科目はライバルと切磋琢磨する「少人数集団授業」と、苦手科目は不得意分野を克服する「個別指導授業」の二本柱を軸に、講師・スタッフが一丸となって医学部合格を後押ししています。

www.medi-up.net

なぜ成績開示請求をするのか?

これに加え、医学部合格を確実なものするためには、医学部入試に対する正確な入試情報の収集も欠かすことはできません。すでに2021年度医学部入試に向けて受験勉強を始動されておられる方は、すでに受験をされた1次試験の「成績開示」を行うようにしましょう。

では、そもそもなぜ「成績開示」請求を行うことが必要なのでしょうか。

入試本番までにどれだけ入念に準備したとしても、入試当日に100%の実力を発揮できるとは限りません。例えば入試当日に出た問題が、前日に解いた問題と同じだったので十分な手応えを感じたとしても1次合格発表の時に自分の受験番号がなかったという苦い経験をしたことがあるかもしれません。

入試本番での手応えと実際の結果には大きな乖離があるものです。

受験した大学の入試成績開示請求は、入試当日の正確な結果を知る大変貴重な機会です。自分の得点を客観的に知ることこそが次年度入試突破のために必要な出発点となります。

成績開示で開示される内容は、大学によって異なります。

大阪医科大学兵庫医科大学福岡大学などは1次試験の総得点(合計点)のみ開示します。各科目の得点は開示されませんが、この3大学に関しては1次合格最低点が後日公表されます。因みに、聖マリアンナ医科大学東京女子医科大学は、例年成績開示の時点で1次合格最低点も開示しています。成績開示請求をしていれば、1次合格最低点にあと何点足りなかったかがはっきりと分かります。

東京女子医科大学日本大学金沢医科大学関西医科大学川崎医科大学久留米大学などは総得点に加えて、科目別の得点も開示します。これらの大学は科目ごとの基準点、いわゆる足切り点がありませんので、総合点勝負になります。科目ごとの得点開示によって、実力を発揮できた科目とそうでなかった科目についてより深く振り返ることができますし、次年度入試を突破するためのより綿密な科目別戦略を立てやすくなるはずです。

2020年度入試から2次試験の合否照会時に補欠順位を発番するようになった岩手医科大学は、2020年度から入学者や合格者も含めたすべての受験生が成績開示を請求することができるようになりました。岩手医科大学は長年1次試験合格最低点を公表していませんので、1次合格最低点を探る上で大変大きな手掛かりとなりそうです。

それでは最後に、以下に3月10日(火)現在判明している、令和2(2020)年度私立大学医学部 入試成績開示情報をまとめてお伝えします。

■成績開示をする私立医学部一覧
岩手医科大学
開示対象 令和2年度岩手医科大学入学試験受験生のうち開示希望者
受付期間 令和2年4月1日(水)〜令和2年4月30日(木)まで(消印有効)
開示内容 各試験科目得点・評価(面接、小論文を含む)

杏林大学
開示対象 一般入試第1次試験の不合格者
受付期間 2020年4月1日(水)~2020年4月24日(金)必着
開示内容 入学試験(学科試験)の総得点および順位

東京慈恵会医科大学
開示対象 一次試験不合格者
受付期間 4月1日から5月末日まで
開示内容 一次試験の総得点および順位ランク

東京女子医科大学
開示対象 2020(令和2)年度一般入試1次試験不合格者
受付期間 令和2年5月1日(金)~令和 2年5月29日(金)必着
開示内容 第1 次試験の教科科目の得点(科目別得点と合計得点)。理科 3 科目については選択した科目によって有利・不利が無いよう標準化した値

日本大学
開示対象 2020(令和2)年度一般入試A方式・N方式不合格者
受付期間 2020(令和2)年5月1日(金)~5月31日(日)
開示内容 科目別得点は素点を開示。合計得点及び合格最低点については標準化得点を開示

北里大学
受付期間 2020年5月7日(木)10:00〜 5月29日(金)17:00
申請対象 一般入試の第1次試験の不合格者
開示内容 学力検査等を総合的に評価した結果(医学部は学力検査の結果) について、不合格者を上位からA~Eの5ランクに分け、当該ランクを開示します。
   A…… 1 / 5 以上
   B…… 1 / 5 未満 2 / 5 以上
   C…… 2 / 5 未満 3 / 5 以上
   D…… 3 / 5 未満 4 / 5 以上
   E…… 4 / 5 未満
開示方法 Web出願システムのマイページから照会してください。成績開示が可能な入試のみ成績開示ボタンが表示されます。

金沢医科大学
開示対象 受験生本人
受付期間 令和2年4月1日(水)~4月17日(金) 消印有効
開示内容 学科試験成績(得点):科目別の得点、総合得点、総合得点の最高点・平均点、合格者の最低点

◆藤田医科大学
開示対象 一次試験不合格者
受付期間 4月1日から5月末日まで
開示内容 
・科目別の得点(マークシート、筆記別)
・英語・数学のマークシート基準点
・一次試験合格者の学科試験4科目総合点の平均点、最高点、最低点

大阪医科大学
受付期間 令和2(2020)年5月1日(金)~令和2(2020)年5月29日(金)
申請対象 一般入学試験(前期)、一般入学試験(後期)1次試験の受験者
開示内容 1次試験の総得点

関西医科大学
受付期間 2020年5月1日(金)~ 5月30日(土)必着
申請対象 一般入学試験(前・後期) センター・一般併用入学試験の第1次試験不合格者
開示内容 本学が実施する第1次試験の科目別(英語・数学・理科)得点
兵庫医科大学
開示対象 本年度の一般入学試験A・B第1次試験不合格者(1次試験で実施した科目のすべてを受験した者に限ります。)
受付期間 2020年 4月 1日(水)~2020年 4月17日(金) 消印有効
開示内容 第1次試験の合計点

川崎医科大学
開示対象 一般入試及び地域枠入試の第一次試験不合格者(受験生本人に限る)
受付期間 2020 年 4 月 1 日(水)~4 月 30 日(木)消印有効
開示内容 科目別の得点(英語・理科・数学)

福岡大学
開示対象 2020(令和2)年度一般入試1次試験不合格者
受付期間 2020(令和2)年4月1日~4月30日
開示内容 1次試験の総点のみ

久留米大学
開示対象 医学部医学科受験者のうち希望者
受付期間 成績開示の申し込みはインターネット出願時出願期間
開示内容 筆記試験成績の「科目別の得点(素点あるいは換算点)」と「合計点」

■入学出願期間中に成績開示請求を同時に行う大学
久留米大学


■成績開示を実施していない大学
東北医科薬科大学
埼玉医科大学
順天堂大学
帝京大学
東海大学

Medi-UPの公式Twitterでは以下のURLから全国の私立大学医学部の成績開示情報を大学別にURLをつけ、ワンクリックで大学からの情報を入手できるようにしています。よろしければご活用ください。

 

https://twitter.com/Medi_up/status/1237898673649901570?s=20