医学部受験のプロがお届けする医学部受験情報ブログ

大阪上本町/西宮北口/京都にある医学部受験専門「Medi-UP」の進学アドバイザーが発信する医学部受験ブログ。個別指導×少人数集団授業で毎年医学部合格者を輩出しています!

2020年度関西医科大学一般前期2次試験合格者が発表されました

一般前期の正規合格者数は134名

関西医科大学医学部一般前期の2次試験合格発表が去る2月14日(金)午前10:00に行われました。関西医科大学の合格発表は大学のホームページに正規合格者の受験番号が一覧で掲載されます。また、同時に補欠者の受験番号も掲載されます。2020年度一般前期の正規合格者数は、昨年度よりも2名少ない134名でした。また、補欠者数は、昨年度よりも33名多い197名でした。

f:id:shrimplove:20191129160408j:plain

 

関西医科大学の補欠通知

関西医科大学は、正規合格者の発表と当時に補欠者の発表も行います。ホームページの補欠者に受験番号が掲載された受験者には、補欠通知書が別途郵送されることになっています。

関西医科大学では、「番号有り補欠」、つまり補欠順位があるいわゆる1次補欠と、「番号無し補欠」、すなわち補欠番号がないいわゆる2次補欠があります。補欠者に別途郵送される補欠通知書に補欠順位が書かれていれば1次補欠、書かれていなければ2次補欠となります。過去3年間の入試結果を見ますと、補欠者は非公表となっていますので、1次補欠、2次補欠はそれぞれ何名かは定かではありません。また、繰り上げ合格者数も非公表となっており、最終的な総合格者数だったのかまでは分かりません。

関西医科大学の繰り上げ合格の連絡方法

関西医科大学では、募集人員に欠員が生じた場合、補欠者の総合評価上位者から順次繰り上げて、電話で本人に入学の意思を確認することになっています。また、繰り上げ合格の発表の際は、電話により本学入学の意思確認ができた方について、関西医科大学枚方学舎医学部棟において改めて受験番号を掲示発表し、同時に本人宛簡易書留・速達郵便により通知します。繰上合格の連絡開始時期は、例年一般前期2次試験合格発表日以降から順次回り始め、3月末まで回ることが多いです。

関西医科大学一般前期の過去3年間の入試結果(当校調べ)

f:id:pratinum:20200217202018p:plain

大阪府静岡県新潟県の地域枠の2次合格者も発表

一方、一般前期の2次試験正規合格者と補欠者発表と同時に、大阪府静岡県新潟県の各都道府県の2次試験合格者の受験番号も大学のホームページに公表されました。合格者数は、大阪府5名、静岡県8名、新潟県2名でした。関西医科大学では、この3都道府県の地域枠は、一般前期と一般後期で募集・選抜します。大阪府の募集人員は5名、静岡県の募集人員は8名、新潟県の募集人員は2名です。一見、3都道府県とも一般前期で合格者数が募集人員を充足したため、一般後期での地域枠は募集しないと思ってしまうかもしれません。しかし、そうではありません。関西医科大学の各都道府県の地域枠は併願可能で、合格した場合でも辞退することができます。関西医科大学の辞退締切日は3月31日(火)までですので、地域枠を一般前期で合格したとしても辞退者が出る可能性を考えて、一般後期でも募集します。